古い木とは

古い木とは、古材と巨木・巨樹の意味がある。

古材とは、築70年以上の古民家から採取される良質な木材のこと。古材には新しい木材にはない、長い年月をかけて培われた傷、割れ、個性があります。

日本国内では、古民家などからでる古材は、なかなか流通してきませんでしたが、北米では人気があり、売買が盛んです。しかし近年では、日本においても古材の人気が徐々に高まり、市場が形成されつつあります。

古材の魅力は、モノを大切にするエコの観点からも高まっています。


また、巨木・巨樹とは、環境省の巨樹・巨木林調査によれば、地上から約1.3メートルの位置で幹の周囲の長さが3メートルを越える樹木のこと。

古い木を使った新築、リフォーム 神戸

神戸市西区にある木工が得意な材木店「山岡材木店」のブログです。

古木材を使って住宅や店舗の新築、一戸建てやマンションのリフォームまで幅広く手がけています。ブログでは、実際の施工例などを紹介しています。

http://ameblo.jp/yamaokaiiki/

古い木を使った家具リフォーム

長野県駒ヶ根市にある信州の自然がはぐくむ天然素材の健康家具の店「工房楽木」のサイト。

リンク先は、リフォーム家具の紹介ページで古材を使ったリフォームの事例集、作業の紹介、テレビチャンピオンへの出場記録を掲載しています。

その作品は、素晴らしい!の一言。ぜひ、リンク先をご覧いただきたいと思います。

http://www.cek.ne.jp/~rakki/reform/index.htm

古い木のネットワーク:古材ねっと

古材の売買、全国ネットワークの古材ねっとのサイト。住宅の解体、古材の買取、古建具、古民具の販売を行っている。

古材ねっとは民家の解体・資材調達・施工に関わるポータルサイトです。

http://www.kozai.net/userIndex.php

古い木のリユース市場:ヴィンテージアイモク

株式会社ヴィンテージアイモクのサイト。

古材のリユース文化を創造し、本物の家作りを推し進めることを通して、豊かな社会の形成を目指しています。全国の木材業者や工務店などと連携を図り、古材のリユース市場を作っています。全国各地に古材倉庫というフランチャイズ店を持ち、それぞれのブログへリンクしています。

http://www.k-aimoku.co.jp/index.php

古い木:古材の宝庫 夢蔵

信州の古民家の解体を行うかたわら、古材を買い取り販売している「古材の宝庫 夢蔵」のサイト。

古材の入手地を明記するなど品質を重視、工務店が母体になっているため、製材・加工・塗装を行って出荷することができる。枕木、銘木、古瓦、アウトレット古材なども取り扱う。

http://kozai.jp/

古い木を使った念珠

京仏具の小堀のサイト。リンク先は、本堂を新築されたお寺から檀家の方へ記念品として、前本堂の建築部材を使って古材念珠を作ったという記事が掲載されています。

http://staff.kobori.co.jp/archives/51086073.html